JAMS.TV

オーストラリア生活情報ウェブサイト


膣カンジダ症

17年02月07日

By Dr Kevin Pedemont

膣カンジダ症は、ある種の酵母が原因で発症し、女性がよく罹る膣感染症です。(最も一般的な酵母はカンジダ・アルビカンスですが、他のカンジダ種が原因となることもあります)。この酵母は通常ヒトの体内や体表に生息し、他のバクテリアとバランスを保って常在しています。何らかの理由でこの種の酵母が増殖すると発症します。4人に3人の女性が感染し、再発を繰り返す女性も多いようです。

<発症リスク>

·         抗生物質による治療           

·         妊娠

·         経口避妊ピルの服用

·         糖尿病

·         肥満

·         免疫系に支障がある、体調が優れない

<症状>

·         膣の痒み、炎症、性交痛

·         コテージチーズの様な白色で粘液性の強いおりもの

·         膣の周囲が赤くなり、腫れることもある

·         排尿時のしみるような痛みや、焼けるような痛み

以上のような症状は、膣カンジダ症に限ったことではないので、自己診断で治療を始める前に、医師の検診を受けて下さい。

<診断>

処方箋なしで膣カンジダ症の治療薬は購入できるので、自分で対応している女性が多いようです。通常、膣カンジダ症の疑いがある場合、医師は膣の内診をし、カンジダ症であるかどうか、他の原因はないかどうか確認します。そして、膣の組織細胞を採取して病理検査をします。排尿時に痛みや焼けるような症状がある場合は、尿も病理検査します。

<治療のオプション>

·         膣クリーム :クロトリマゾール(Canesten®), ブトコナゾール(Gynazole-1®), 

               ミコナゾール(Resolve Thrush®), ナイスタチン(Nilstat Vaginal®)

·         膣錠(ペッサリ-):クロトリマゾール(Canesten®)

·         経口抗真菌薬 : フルコナゾール(Diflucan One®). 妊婦、妊娠している可能性のある方は服用できません。

膣カンジダ症の治療オプションとして、ヨーグルトを膣内に挿入するというのがあります。しかし、治療効果は立証されていません。乳製品に含まれている乳酸菌は、膣内の乳酸菌とは全く違う種類なので、効果を出すほど長く膣内で生息することはできません。

パートナーの治療はあまりする必要はありませんが、再発を繰り返す女性のパートナーの場合は、治療を勧めます。

<再発>

再発を繰り返す女性には、経口抗真菌剤か6ヶ月間の膣錠(ペッサリー)を処方する必要性もあります。ゆったりとした服装や木綿の下着の着用、そして膣洗浄を避けることで、再発を予防できることもあります。




その他のペックシティクリニックの記事はこちら

17年02月07日
膣カンジダ症
By Dr Kevin Pedemont 膣カンジダ症は、ある種の酵母が原因で発症し、女性がよく罹る膣感染症です。(最も一般的な酵母はカンジダ・アルビカンスですが、他のカンジダ種が原因となることもあります)。この酵母は通常ヒトの体内や体表に生息し、他のバクテリアとバランスを保って...
16年12月22日
年末年始診療時間のお知らせ
当院の年末年始診療時間のお知らせです。 2016年12月23日(金)  10:00 - 13:00 2016年12月24日(土)  休診 2016年12月25日(日)  休診(Christmas Day) 2016年12月26日(月)  休診(Box...
16年09月08日
アレルギー性鼻炎・結膜炎  Allergic Rhino Conjunctivitis
皆さん、こんにちは。  やっと少しずつ暖かくなってきましたね。 あちこちに一斉に花が咲き始め、つい見とれてしまいますが、アレルギー性鼻炎や花粉症で悩まれている方も多いのではないでしょうか。今回はDr Albena Kausaeより、アレルギー性鼻炎・結膜炎についてのお話しです。 Dr...
16年08月30日
健康維持のため快適な睡眠を!  Dr Kevin Pedemont
不眠症に悩まされている方は比較的多く、原因も様々です。快眠は健康維持に欠かせないので不眠を緩和・克服する方法を身につければ、生活の質がかなり向上するでしょう。 スリープ・ハイジーン スリープ・ハイジーンというのは、快眠を導く習慣のことです。快眠を妨げる癖は幼少期からついてし...
16年07月21日
子宮筋腫 (Fibroids)
子宮筋腫 (Fibroids)           Dr Kevin Pedemont 子宮筋腫はよくある疾患で、子宮を形成する筋肉の細胞が増殖してできる良性腫瘍です。大きさは通常、数センチ以内のことが多いのですが、かなり大きくなる場合もあります。女性ホルモンと関連があるのではな...


PAGE TOP