JAMS.TV

オーストラリア生活情報ウェブサイト


オススメはどこ? シドニーのバックパッカーズをレビュー!


  • 17年03月16日

 

2月に2週間の休暇を取って旅行に行ったのですが、期間中に家賃を払うのがもったいない気がして、旅立つ日に家を引き払いました。そういうわけで、シドニーに戻ってから新しい家を見つけるまでの4日間、大きい荷持は会社に置いて、シティにあるバックパッカーズ、通称バッパーを泊まり歩いていました。せっかくなので、宿泊したバッパーをレビューしたいと思います!

 

Sydney Backpackers(シドニー バックパッカーズ)

 写真:Hotels.comより

【部屋】女性限定の10人部屋、30ドルに宿泊。部屋が広いので10人部屋でも余裕があって、「スーツケースを空けるスペースがない」「荷物を置く場所がない」という心配はありません。ロッカーも大きく、小さめのスーツケースならまるまる入りそうです。長期滞在に向いていそうなバッパーで、実際に住んでいる人もいました。泊まった4つのバッパーの中では唯一オススメできるレベル。

【ベッド】チェックイン時にシーツと枕カバーとブランケットを手渡され、チェックアウト時に受付にあるボックスにこれらを返却するシステムなので、ベッドのセッティングはセルフサービス。業務削減が上手だなぁと感心してしまいました。枕がガサガサ音がなる素材でできているので寝返りを打つときに少しうるさいのが難点ですが、寝具は清潔です。

【共用スペース】キレイとは言えないですが、シャワー室は比較的まとも。

 

The George Street Hotel(ザ ジョージ ストリート ホテル)

 写真:Hotels.comより

【部屋】女性限定の6人部屋、27ドルに宿泊。床は絨毯で、小さめのゴキブリをちらほら見かけました。私が泊まったのはジョージストリートに面した部屋で、しかも窓を全開にしていたため、車の音がうるさかったです。ロッカーはまずまずの大きさ。

【ベッド】ブランケットはかび臭いです。

【共用スペース】シャワー室内にトイレもあるので、シャワー室によっては匂いが気になりました。全体的に汚く、掃除しているのかが疑わしいです。また、エレベーターがないので、荷物が多い人は避けた方が無難。

 

Nomads Westend Backpackers(ノマズ ウェストエンド バックパッカーズ)

 写真:Hotels.comより

【部屋】女性限定の4人部屋、29ドルに宿泊。部屋の中にシャワーとトイレがあります。冷房と扇風機があって、どちらも稼働していたのでけっこう冷えました。ベッドの下に荷物をしまうことができるものの、ロッカーがないので貴重品の保管は心配。全体的に汚い印象でした。

【ベッド】すこしブランケットのカビ臭さが気になりました。

【共用スペース】別フロアはパーティーでもしているのか、かなりガヤガヤしています。ワイワイ過ごしたい人は楽しそうです。

 

ChiliBlue Backpackers(チリブルー バックパッカーズ)

 写真:Hotels.comより

【部屋】男女共用の4人部屋、29ドルに宿泊。私以外全員男性だったので、居心地が非常に悪かったです。部屋は一人がスーツケースを開けたらそれでいっぱいになるくらいのスペースで、かなり狭いです。

【ベッド】クリーニングはされているようでしたが、あまり清潔な印象はありませんでした。

【共用スペース】シャワーも男女共用で、ドアの上下が空いているタイプ。石鹸を落としたら隣のシャワー室まで行ってしまって、気まずい思いをしました……。また、受付から部屋に行く途中にバーのようなスペースがあり、音楽がかかっていてにぎわっていました。こちらも楽しく過ごしたい方はいいかもしれません。

 

すべてのバッパーに共通することですが、チェックイン後に部屋に行ったらベッドがクリーニングされていない、空いているベッドがない、たしかにネットで予約が完了しているのに予約がないと断られるなど、宿側の不手際はけっこう多いです。宿泊の際は「そんなハプニングもまたバッパーの醍醐味!」くらいの心持ちと、期待しすぎないことがポイント。あとは床があまり清潔でないことが多いので、ビーチサンダルがあると快適です。シドニーでバッパーに宿泊する際の参考にどうぞ!

 

文:天野夏海(編集部)




その他の編集雑記の記事はこちら

17年04月20日
シドニー・ロイヤル・イースター・ショーに行ってきました
  酪農大国オーストラリアを象徴する「Sydney Royal Easter Show」に行ってきました。もともと地方産業の振興を由来とした文化フェスティバルなのですが、動物パレードまであると聞いて俄然行きたくなったのです。ところが、オーストラリアの友人たちによると、「子ども向け...
17年04月18日
Newcastleは「フレンドリーで優しいオーストラリア人」を実感できる都市だった
交通機関が2.50ドルになる日曜日、NSW州で2番目に大きな都市である「Newcastle」に行ってきました。読み方はニューキャッスルではなく、「ニューカッスル」。セントラルから約2時間半かかりますが、電車1本なので移動は簡単です。(4月16日はNewcastle駅が工事中だったため、手前のH...
17年04月13日
どこにでもあるバーベキュー・コンロ
  公共の場所にエクササイズ・マシンがあることも不思議なのですが、同じくバーベキュー・コンロがあることも、わたしには不思議でなりません。友人たちが何かあるたびにバービー(バーベキュー)をしたがるのは知っていたものの、初めてビーチのコンロを見たときは本当にびっくりしました。しかも、...
17年04月11日
奇跡のレシピ! ベジマイトで味噌煮込みうどんができた
うどんを食べようと思ったけど、調味料が塩と胡椒とオリーブオイルしかない。どうしたものかと冷蔵庫を開けると、そこにはベジマイトがありました。 写真:ベジマイトホームページより オーストラリアの国民食とも言われるベジマイト。独特の匂いと強い塩気が特徴で、概ね「奇食」として語られ...
17年04月07日
どこにでもあるエクササイズ・マシン
  オーストラリアに住む人々はエクササイズを日常としていて、のんびりしているようでじつはアクティブに暮らす人がいっぱい。たとえば、ビーチの前に住む友達のお父さんは、朝5時に起きてサーフィンをしてから自転車を漕いで仕事に行きます。もう60歳近いのに毎日トライアスロン並みの運動。オフ...


PAGE TOP