JAMS.TV

オーストラリア生活情報ウェブサイト


「豪州永住権と就労ビザ」 第十回 Subclass 457ビザ - 2017年4月19日における変更


  • 17年04月20日

 

表記に関しお問い合わせが多いため DIBPのFact Sheetを元に下記作成しました。

https://www.border.gov.au/WorkinginAustralia/Documents/abolition-replacement-457.pdf

………………………………………………………………………….


2017年4月19日 New Occupation List が導入されました。

 ● MLTSSL (Medium and Long-term Strategic Skills List)

 ● STSOL (Short-term Skilled Occupation List)

   

      https://www.legislation.gov.au/Details/F2017L00450

 

2017年4月19日以降サブクラス457を申請の際には上記いずれかのリストに記載されているOccupation をNominate する必要があります。  

MLTSSL/STSOLの掲載職種が651、2017年4月18日以前に使用されていたSOL/CSOL の掲載職種が435ですので216職種が削除されたことになります。

 ● 削除された職業のリスト

https://www.border.gov.au/Trav/Work/Work/Skills-assessment-and-assessing-authorities/skilled-occupations-lists/removed-skilled-occupations


MLTSSL occupationとSTSOL occupationの相違点

MLTSSL     ビザ期間は4年間。更新可能。 更新回数の上限については情報未確認。
           3年勤務後永住ビザ(ENS186/RSMS187)の申請が可能。゙

STSOL        ビザ期間は2年間。一度のみ更新可能。
           3年勤務後も永住権申請資格は得られない。

Chief Executive/ Managing Director, Corporate General Manager, Sales/Marketing Manager, Marketing Specialist等、企業による使用度の高い職種はSTSOL職ですのでビザ期間が短期に限定される影響は少なくないと思われます。

 

Caveat について ‐ 職種別の付帯条件

MLTSSL / STSOL 導入の際、一部の職種についてCaveat が加えられました。
Caveatの詳細は下記リストのNoteの部分で確認が可能です。

https://www.legislation.gov.au/Details/F2017L00450


(例)
Chief Executive or Managing Director (See Note 17)
Corporate General Manager (See Note 17)

Note 17: In relation to specifications of occupations for a Subclass 457 – Temporary Work (Skilled) visa, despite paragraph 2 of this instrument, for the purposes of paragraph 2.72(10)(aa) of the Regulations, the specification excludes any one of the following:
a) positions in a business that have an annual turnover of less than AUD 1 million;
b) positions in a business that have fewer than five employees;
c) positions that have a nominated base salary of less than AUD 90,000.

売上や給与が条件を満たす場合でも、4名以下の少人数で豪州法人を運営されている様な場合は CEO/MD/GM職のNominationができなくなりますので代替可能なOccupationを選択しNominateすることになります。代替職種は個別に検討が必要です。

(例2)

Sales & Marketing Manager (See Note 10)
Customer Service Manager (See Note 10)
Marketing Specialist (See Note 10)

Note 10: In relation to specifications of occupations for a Subclass 457 – Temporary Work (Skilled) visa, despite paragraph 2 of this instrument, for the purposes of paragraph 2.72(10)(aa) of the Regulations, the specification excludes any of the following:

a) positions based in a front-line retail setting;
b) positions that predominately involve direct client transactional interaction on a regular basis;
c) positions in a business that have an annual turnover of less than AUD 1 million;
d) positions that have a nominated base salary of less than AUD 65,000.

上記の例のように職種別に注意が必要です。

 

 

(2017.04.21) (例2)を追記しました。

[初回のお問い合わせはメールでお願い致します。電話での受け付けは致しておりません。]

 

Hideaki Takahata / 高畠英明
Solicitor & Registered Migration Agent (MARN 0325064)
NEXUS Migration Australia Pty Ltd
Suite 2, Level 17, 9 Castlereagh Street
Sydney NSW 2000
Email: ht@nexus-au.com
https://au.linkedin.com/in/hideaki-aki-takahata-4ab64938
 

[本稿は豪州のビザに関する一般的情報の提供のみを目的とするものであり、法的アドバイスを意図したものではありません。本稿の執筆時点における正確性については細心の注意を払っておりますが、本稿の提供する情報の利用によって利用者等に何らかの損害が発生したとしても,かかる損害については一切の責任を負うものではありません。関連法規やDepartment of Immigrationの内規は頻繁に変更が行われ、また本稿において例外規定などを含む全てを網羅し、詳述することはできないため、具体的な申請や事案については個別に資格を有する専門家にご相談になることをお勧め致します。なお当社ではGeneral Skilled Migration(GSM)ビザ, 485ビザ、学生ビザ、WHビザ、観光ビザ、パートナービザ、ペアレントビザは取り扱いを致しておりません。またアポイントメント無しでご来訪の場合、応対は致しかねますので必ず事前にメールで予約をお取り下さい。] 




その他のNEXUS Migration Australiaの記事はこちら

17年04月21日
「豪州永住権と就労ビザ」 第十一回 Subclass 457ビザ - 2017年7月1日以降の変更
  2017年7月1日以降の主な変更予定は下記の通りです。 https://www.border.gov.au/WorkinginAustralia/Documents/abolition-replacement-457.pdf From 2017.07.01  ● O...
17年04月20日
「豪州永住権と就労ビザ」 第十回 Subclass 457ビザ - 2017年4月19日における変更
  表記に関しお問い合わせが多いため DIBPのFact Sheetを元に下記作成しました。 https://www.border.gov.au/WorkinginAustralia/Documents/abolition-replacement-457.pdf &helli...
17年02月08日
「豪州永住権と就労ビザ」 第九回 Subclass 457ビザ - SBSの審査基準 5 - Training Benchmarks (続き) - Payroll について
  以前幾度かご質問をいただいたことがあるためPayrollについて補足します。 Payroll の算出の際、受給者のビザのステータスは関係がありません。 例えばスポンサー会社が豪州国籍者、永住権保有者、サブクラス457ビザ保有者、学生ビザ保有者合計100名を雇用している...
17年01月09日
「豪州永住権と就労ビザ」 第八回 Subclass 457ビザ - SBSの審査基準 4  - Training Benchmarks (続き)
    Training Benchmarks A とBは要約すると下記の様になります。   Training Benchmark A スポンサーのPayrollの2% を同じ業界のIndustry Training Fundsに拠出すること。  ...
17年01月05日
「豪州永住権と就労ビザ」 第七回 Subclass 457ビザ - SBSの審査基準 3 - Training Benchmarks
  前回、サブクラス457ビザのスポンサーが豪州国内において12カ月以上オペレーションの実績を持つ場合は Training Benchmarksを満たすこと(Regulation2.59(d)), また豪州国内において12カ月以上のオペレーションの実績を有しない場合は Auditab...


PAGE TOP